in box

自問自答

バリウム検査

久しぶりに健康診断を受けました。

 

胃のバリウム検査は初めて受けました。腸のバリウム検査は、子供の頃にあった繰り返す不調のせいで経験済みだったのですが、飲むタイプのバリウムは初めて。

 

バリウムは、昔に比べ飲みやすくなっているらしく、なんの抵抗もなく飲めました。説明でゲップを我慢するよう言われましたが、我慢も何も、膨らんだ感じはなく追加を摂取しましたが、全く変化なく。むしろ、炭酸の粉を少量の白い液体で流し込む方が大変でした。

 

喉に付いた粉にむせるのを我慢しながら、技師に誘導されながら身体を左右捻ったり動かし、逆さにもされ、「これ、高齢者には無理だな」などと考えながら、台の上を転がり周りました。

 

 

断薬してから5年になるかな。検査後、下剤を渡され渋々受け取りました。「そもそも異物(バリウム)を身体にいれることにも抵抗あるのに、薬まで飲むのぉ」3杯の水と錠剤を流し込み、残りの検査を受けて終了。

 

無料の軽食券を受け取りましたが、昨晩振りの食事を粗末なサンドウィッチで終わらせるのは嫌で、暖かな優しい食事を求め、施設を後にしました。

 

うどん屋さんを探したけど、適当なのが見当たらずパスタ屋へ。食事が終わるころに催しトイレへ。数分で落ち着き、予約していた美容院へ行き、平然と帰路につきました。

 

自宅で夕食。何時頃からか頭痛が起きていました。検査後から、気温のせいか寒くて、それも相まってだと思います。

 

疲労と頭痛でベッドに倒れ込み、スマホを見るとホメオパスの先輩から連絡が。それに返信しつつ、話題に集中できないほど頭痛と吐き気が出てきて、症状について相談してみることに。

 

しかし、症状像が大切なホメオパシー。未熟だからか、専属ホメオパスがいるからか、処方はしてもらえず、身体を休めることに。

 

でも、症状を見つめたからか、落ち着きがなくなるほど症状は悪化。

 

「もうダメ」

苦しい雰囲気を察した母が、部屋を覗きにきました。私は専属ホメオパスに、手短な文章で状態を入力でしてメールを送信。

 

数分後に指示があり、レメディを摂って数分改善。でもすぐ症状が現れて、すぐさま追加摂取。すると、吐き気は最高潮に‼️トイレへ駆け込みました。

 

食べたモノを全部出してスッキリ。

アナフィラキシーなのかな。でも、検査は昼です。私の身体は異物(バリウム)を腸まで受け入れるを拒否したんだろうな。正常な反応だと思うのです。同じ学びを持っている方と議論してみたいな。

 

 

時々、バリウムに対するアレルギーで私のような反応を起こす人もいるらしく、次回からは検査をするなら胃カメラを使うことになるようです。その方が私的にもいい。無駄な検査したくない(苦笑)